Ampoule

検索する
  • Ampoule Products
  • Ampoule Stores
  • Ampoule Online Store
km150609b

レストランの照明

おすすめ
2015.06.09

皆さんはレストランに行かれることも多いかと思います。

その時どんな照明を使っているかまで見ている人は少ないと思いますが、ちょっと目を凝らして上を見たりテーブルやフロアの照明をみるのも面白いですよ。

ヨーロッパや米国でも古い歴史のある街では、照明を見るとそのレストランのレベルというか高級度というのが分かると聞かされてきました。それは照明器具のデザインもさることながら、明るさなんです。

つまり暗い照明を使っているほど、その店のレベルともちろん値段も一流ということになります。本当に暗い店内でテーブルにはろうそくだけといったレストランもあります。

もう一つのチェック方法はテーブルクロスです。やすい順に、クロス無し、ビニール系クロス、布クロスとなり、布のレベル、素材でまた違ってきます。

いいレストランというのはご飯を食べるだけが目的ではないですよね。一緒に集まった人たちとの会話、場合によっては商談の決定、アニバーサリーで家族との大事な時間を過ごす。ご飯を食べるのは動物でもやってますが、このような心に触るような行動は人間だけの物でしょうね。この大事な時間を過ごす場所が、ちょっと高級なレストランです。

そしてセンスのいい暗〜い照明器具は、この雰囲気を作るのに非常に大事な役割を演じるわけです。またこの時に必要な波長は(別の記事で書きましたが)長い波長の光、黄色がかったロウソク似の光かロウソクそのものです。短い青のような波長はエネルギーが高くて雰囲気に合わないのは一目瞭然ですね。

実際こういうレストランでは相手の顔を直視しても恥ずかしくもないし、顔が美しく見えます。そうすると会話に非常に集中できるわけです。恋人を誘う時もこういうレストランを選ぶといいですね。

外から見て暗いレストランはいいストランです。多分!?