Ampoule

検索する
  • Ampoule Products
  • Ampoule Stores
  • Ampoule Online Store

スマホはどうなるのでしょう

最近は猫も杓子も(古い言い回しですが)スマホを手に持って、歩いている時だろうが、電車の中だろうが、デート中だろうが常に指を動かしている。

私もビジネスで必要なことは全てと言っていいほどスマホとiPadで処理しています。iCloudで結合している2つのデバイスの使い勝手の良さはスーパーですね。

もう手帳も持ってないし必要な名刺は全てデータベースに落ちているし、会議議事録もその場で作ってしまいます。

さてこんなにすごいスマホの中身はなんでしょうか?

大まかに言いますと電波を受けるアナログフロント部分と、入ってきた情報をデジタル信号に変換する部分と、必要データを保存するメモリーと、それらの電源としてのLi バッテリー システム ぐらいから成り立っています。

これらは半導体の技術で出来ていますが、じゃ、半導体ってなんだろう?
半導体っていうぐらいだから、導体もあるんじゃないの?
全然ダメ導体もあるんじゃないの?

そうなんです!ピンポーン。

世の中の物体は全部、導体か半導体か絶縁体に分かれます。これらの差は電気を通すかどうかだけの違いです。導体は金属の鉄や銅や色んな物が入りますが全部電気を通しますね。絶縁体はプラスティックや木や紙のように電気を通しません。
水は、感電するんで導体なんですがホントの純な水、純水は実は絶縁体なんです。普通の水はイオンやゴミがいっぱい入っているので電気を通すわけです。

そして半導体はある条件下では導体になる物質で、シリコンって聞いたことあると思いますが半導体の基盤に使われるものです。シリコンはある温度になると導体に変化するので半導体と言うのです。

半導体の性質を利用して色んな機能的な部品ができるようになりました。でも最初に半導体の特許を出したのはキルビーというアメリカのおじさんですが、たった75年ぐらい前の話です。

この数十年で半導体の技術は劇的に進歩して今のスマホやパソコンや家電製品ができてきたのです。

半導体がなんで、どういう理由で動くかはまた別の機会に話ししたいと思いますが、今日の話はスマホが今後どうなるかです。

スマホにしてもPCにしても使っているのは僕ら人間です。人間の歴史は前にも書きましたが長く見ても約20万年ぐらいの物です。頭の形も大きさも何倍にもなってはいません。人間の持っているメモリー数もそんなに変わってはいないでしょう。

半導体はムーア先生の法則があって同じ大きさの半導体でも3年に4倍ずつメモリー数が増えていくのですが、使う方の人間の頭のメモリーは増えていかないですね。スマホの機能は15年で1000倍になります。1000倍の写真や動画が記憶できますが、、するとどうなるか?

こんな高機能のスマホはもう使えなくなるような気がします。

またデータ処理スピードも1000倍になります。例えば10個の映画を同時にスマホで見られるようになりますが、そんなことしたいでしょうか?ごく一部の人はそんなことを好むように進化するかもしれませんが、ほとんどの人は対応出来なくなると思いませんか?

少なくとも私はそんなたくさんの写真や動画を撮らないし整理もできない。従ってあるポイントを越えるとスマホは全く売れなくなるのではないかと想像します。

皆さんはどう思いますか?